時は金なの?

先攻はもらった!色んなビフォーアフターを載せていくブログです。

【文章力を向上させよう】ゲーム感覚で文章の練習をしていこう

こんにちは、もげおです。

 

僕は自分の書いた記事を読み直した時に、ある違和感を覚えていました。

 

それは「凄く文章が読みにくい。よくわからないけど、先を読もうって気を削がれるんだよなー」こんな風に感じていました。

 

自分の文章の読みにくさに気付き、改善しようと試み始めた時の記事です。

www.mogeo.work

 

 

もう読み終わったの?

 

先ほどの記事を書いてから2週間経過していますが、文章力を鍛えるために購入した「20歳の自分に受けさせたい文章講義」は、半分も読み進められていません。

 

 

この本には文章を書くにあたっての「自分の言葉に翻訳」「文体の正体」「文章のリズムの持たせ方」など、納得のできる解説や説明があります。

 

1ページの内容が濃くて、中々先に進めないんですよねー。

 

僕がもっと内容を理解してアウトプットできる段階まで行けたら、自分の言葉で詳しくこの本を説明したいな。

 

 そのために、この本で紹介されている「絵や写真を言葉で紹介するゲーム」をブログでやってみます!

 

 

絵や写真を言葉で紹介するゲームで文章の練習をしてみる

 

このゲームは日本語学者の、金田一先生が提案したとか。

 

絵や写真みたいな言葉ではないもの自分の言葉に表して、細かく描写する事によって正確に意味が伝わる文章を書くトレーニングになるそうです。

 

その時に注意して欲しいのが、自分の主観感情を文章に入れてしまうと正確な描写から離れてしまいます。

 

例えば「どんよりとした空」と描写するとします。

 

自分はこれを"曇り空"と描写したつもりが、読み手によっては"雨が降っている"と感じたり"ハッキリとしない空模様"と汲み取られてしまい、本当に伝えたかった事が正確に伝わらなくなってしまいます。

 

なのでこのゲームのルールに、主観感情を一切入れないというモノがあります。 

 

画像1

f:id:momitoro03:20190328152528j:plain

 

僕がこれを言葉で描写するとしたら、

 

「晴れた日の陽が沈みかけている夕暮れに、太陽を背に大の字の形で人がジャンプ。逆光を浴びてシルエットが影になっていて性別までは不明。」

 

こんな感じになりました。この文章で画像のような背景は想像できましたか?

 

 

画像2

 

こ、これは難しい・・・

 

「青地に白や赤や黄色の模様で彩られた絨毯の上で猫が、前足を体の下にしまったまま伏せて、耳を立てたまま目を瞑ってじっとしている。」 

 

これだと猫の色や柄や大きさが全く伝わってきませんよね。

 

今の僕にはそれらを説明しようとすると、主観でしか文章を書けませんでした。

 

画像が少し難し過ぎたのかなー。これだと実家の猫の可愛い自慢になってしまいますね 笑。

 

さいごに

 

どうせブログを書くなら読みやすい文章で書きたい、そう思って文章の練習をしようと軽い気持ちで始めたんですが、想像以上に難しいですねー。

 

文章を書く知識が小中学校で書かされた作文や読書感想文で止まっていたのが、少し本を読んだだけでイキナリ読みやすい文章を、書けるようになるとは思ってはいませんでしたが 笑。

 

それでも悔しいので「20歳の自分に受けさせたい文章講義」を読み終えて、書かれている知識をインプットしながら、さっき行なった文章のトレーニングもしつつ、最終的には読みやすい文章の書き方をアウトプット出来るようになりたいなー。

 

新しい発見があるかもしれないのでよければ皆様もチャレンジしてみてください。

 

文章に対して何かアドバイスがあればコメントなどで是非お願いします!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。